70代*PMTC歴7年目

Posted by SuAdmin on 2012年9月22日 in 70代PMTC患者さんのいま! with Comments closed

3カ月毎のPMTCで来院。

3カ月間の口腔内で困ったことはありますか? 「特に問題ありません」とのこと。

PMTCを始める前に、口腔内をくまなくチェックすると・・・ホテツ物(歯冠や歯の欠損を、義歯・クラウン・ブリッジなどの人工物を用いて修復すること)が多いので、歯肉との境目に磨き残しのプラークや歯石がついていました。
生活環境は、歯を食いしばる仕事をされているために、咬耗(上下の歯が噛み合うことによって、歯が削れること)箇所が多いでした。歯肉の腫れや出血は全くありませんでした。

PMTCをしながら、くいしばりによって歯牙破折箇所がないか入念にチェックしました。現在のところは、問題がありませんでした。

今後も、力のコントロールは最重要項目となります。

これからも、患者さんそれぞれのリスクやご希望に応じた予防を行ってまいります。当院では、予防メンテナンスによる早期発見→長期予防をお勧めいたします。(DH/梶井)

 

 

 

40代*PMTC歴3年目

Posted by SuAdmin on 2012年9月22日 in 40代PMTC患者さんのいま! with Comments closed

前回より5カ月ぶりのPMTCで来院。この間は、治療を優先にしていました。

具合が悪くなったホテツ物(歯冠や歯の欠損を、義歯・クラウン・ブリッジなどの人工物を用いて修復すること)のやり換えのために期間があきました。
歯の修復治療と同時に歯周病治療やメンテナンスを繰り返していましたが、排膿もあり歯槽骨の吸収が見られたため歯牙を保てないかと、思われましたが咬合調整やSPT(歯周治療後のメンテナンス)により安定しました。

5か月ぶりのPMTCが終了して一安心ではありますが、歯列不正の問題は大きいので3カ月以上PMTCが空くとトラブル多発するでしょう。虫歯のリスクもさることながら、歯周病のりクスはこれから増大してゆくと思われます。

これからも、患者さんそれぞれのリスクに応じた予防を行ってまいります。当院では、予防メンテナンスによる早期発見→長期予防をお勧めいたします。(DH/仲)

50代*PMTC歴7年目

Posted by SuAdmin on 2012年9月22日 in 50代PMTC患者さんのいま! with Comments closed

前回より10カ月ぶりのPMTCで来院。

10カ月間の口腔内で困ったことはありますか? 「左上奥が食事のたびに詰まり気持ち悪いので、歯間ブラシを毎食後に通します」とのこと。

PMTCを始める前に、口腔内をくまなくチェックすると・・・上下前歯には10カ月の汚れがたくさんついたままでした。上顎前歯はWSD(歯ぎしりなど様々な原因によって、歯の生え際がくさび状にえぐれてしまった状態のことで、くさび状欠損wedge shaped dehect)もあり。歯石もしっかりとついていました。 申し出のあった、左上奥については歯間ブラシを通しているとのことでしたが、腫れて出血しました。

今回の、PMTCは60分では足りないくらい忙しいこととなりました。

患者さんのご希望としては、半年ごとのメンテナンスですが、次回は3カ月後をお勧めと同時に歯周治療も並行して行うことになりました。このように、長い期間予防を怠ると自覚症状以上の口腔内リスクがあるということをお伝えしました。

これからも、患者さんそれぞれのリスクやご希望に応じた予防を行ってまいります。当院では、予防メンテナンスによる早期発見→長期予防をお勧めいたします。(チーフDH/阪川)

70代*PMTC歴2年目

Posted by SuAdmin on 2012年8月30日 in 70代PMTC患者さんのいま! with Comments closed

3カ月毎のPMTCで来院。

3カ月間の口腔内で困ったことはありますか?
「口の中は問題ありませんが・・・体の方が・・」とのこと。このように、メンテナンスで通院されている方はお口は安心されている方が圧倒的ですが、高齢になるにつれてお身体の心配はチラホラ。毎日欠かさず、4回の歯磨きをされて、歯間ブラシも使われているそうです。

それではPMTCを始める前に、本当に口腔内に問題はないのでしょうか?
①プラークコントロールは良好。
②出血はありません。
③位相差顕微鏡検査の結果も、カビも悪い菌も見当たらず良好。
④WSD(歯ぎしりなど様々な原因によって、歯の生え際がくさび状にえぐれてしまった状態のことで、くさび状欠損wedge shaped dehect)もあり。骨隆起(長い時間をかけて、あごの骨の形が変化したもの)もあり。

WSDは凍みることもないので、問題なくPMTCを終えることができました。

歯の年齢は40代の方と変わらないくらい、美しさが保たれています。この調子でホームケアとメンテナンスを継続していただけるようにおつたえしました。

これからも、患者さんそれぞれのリスクやご希望に応じた予防を行ってまいります。当院では、予防メンテナンスによる早期発見→長期予防をお勧めいたします。(DH/木村)

 

 

50代*PMTC歴5年目

Posted by SuAdmin on 2012年8月30日 in 50代PMTC患者さんのいま! with Comments closed

PMTCは3カ月毎にご来院。

3カ月間に口腔内で困りごとはありましたか?
「毎日、丁寧に磨いてるつもりなのに、歯ブラシすると左上から出血と嫌な臭いもします。部分入れ歯をつけるようにしました。久しぶりなので、慣れず痛みもあります。」

始める前に口腔内のチェックをすると・・・
①気になる左上部分は詰めていたものがとれていましたので、再治療で修復となります。
②部分入れ歯にかなりの抵抗があり、1年以上つけずにきたが、残された歯に負担がかかり着け始めたそうです。所々、歯の無い部分の放置が長かったため、全体に動揺歯が多いです。
③プラークコントロールは良好。

残された歯も動き出しているので、ポケット洗浄を入念にして、PMTCが終了しました。

このように、ホームケアはできていても、歯の力のバランスが悪いために良い歯までもが噛む機能を低下させてしまいます。早いうちに、部分入れ歯の調整を行い、力のコントロールをチェックします。

これからも、患者さんそれぞれのリスクやご希望に応じた予防を行ってまいります。当院では、予防メンテナンスによる早期発見→長期予防をお勧めいたします。(チーフDH/阪川)

 

Copyright © 2012-2017 PMTC専門サイト【柳原歯科医院】|歯科衛生士のPMTC報告 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.0.4, from BuyNowShop.com.