50代*PMTC歴3年目

Posted by SuAdmin on 2012年7月16日 in 50代PMTC患者さんのいま!

3カ月ごとに来院。

3ヶ月間のお口の様子を伺うと・・・いつも以上に、このところ上下の前歯が常にあわさっている状態なので、その部分が気になるとのこと。しかし、歯は触ってほしくないの・・・とのこと。

PMTCの前に口腔内を念入りにチェックしてみると・・・いつも通り、プラークコントロールは良好。丁寧にブラッシング、歯間ブラシ、フロスなどを使用されています。
ですが、以前よりブラキシズム(歯ぎしり)によるWSD(歯ぎしりなど様々な原因によって、歯の生え際がくさび状にえぐれてしまった状態のことで、くさび状欠損wedge shaped dehect)もあり、今回は歯肉の腫れはないけれど、器具でチェックすると、うっすらと出血がありました。
気にされている、上下の前歯にマイクロクラックがみられます。

PMTCでは、経過観察下の右下奥のC0のチェックと歯質強化を図り、終了しました。

ホームケアでは、右下奥のプラークコントロールを念入りにおこなうことと、依然として上下前歯の当り具合の様子をみてもらい、変化の具合によっては次回のPMTCまでに来院いただくこととなりました。

これからも、患者さんそれぞれのリスクに応じた予防を行ってまいります。当院では、予防メンテナンスによる早期発見→長期予防をお勧めいたします。(DH/仲)

 

Copyright © 2012-2018 PMTC専門サイト【柳原歯科医院】|歯科衛生士のPMTC報告 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.0.4, from BuyNowShop.com.